【ネッサBB S108M+】シマノのサーフ万能ロッドをレビュー!

  • URLをコピーしました!

こんにちは!

今回はシマノのサーフロッド【ネッサBB S108M+】をレビューします!

「サーフの最初のロッド選びに迷っている」

「使い勝手のいいサーフロッドが欲しい」

そんなの人に、シマノの高コスパ万能サーフロッド【ネッサBB S108M+】をご紹介します!

イチマー

最初の1本や、もしもの時のサブロッド、とにかくコスパが良くて万能なサーフロッド!

この記事の内容

ネッサBB S108Ⅿ+のレビュー

  • 外観
  • スペック
  • 使用感
目次

ネッサBB S108Ⅿ+のレビュー

ネッサBBはシマノのサーフロッドのエントリーモデル!

エントリーモデルながら、上位機種のテクノロジーをしっかりと引き継いだ、初心者~上級者まで誰にでも使いやすいサーフロッドです!

外観・各仕様

外観はブランクスの黒をベースに、青と金の差し色で派手過ぎず上品な見た目です。

グリップはセパレートグリップでアップロック方式を採用。フォアグリップは拳一つ分ほどの長さです。

ハイパワーXでネジレを抑え込みシャキッとしたブランクス。ガイドフレームはステンレスで錆びにくく、Kガイド搭載でPEライン使用時もトラブルを防止します。

継ぎ目が真っすぐになるマーキングがあり、セッティングも簡単◎

ネッサの大きな特徴ともいえる3ピース(並継)で携帯性抜群。11ft近い長さながら仕舞寸法は約113cmと、コンパクトカーでも楽に積むことができます!

スペック

品番全長(ft/m)仕舞寸法(cm)自重(g)ジグウェイト(g)
ルアーウェイト(g)
S104M10.4ft/3.15m110cm176gMAX42g
8~36g
S108M+10.8ft/3.25m113.3cm185gMAX48g
8~42g
S112M+11.2ft/3.40m118.3cm192gMAX48g
8~42g
S106ⅯH10.6ft/3.20m111.6cm186gMAX56g
10~50g
S100MH10.0ft/3.05m106.6cm176gMAX65g
10~56g

S108Ⅿ+はネッサBBのラインナップでバーサタイルの位置付け。

10.8ft(3.25m)と長めで飛距離も出しやすく、サーフで多用する8~42gまでのルアーウェイト設定と、サーフでなんでもやるなら十分なスペックです。

ロッド単体を持つと先重り感が多少ありますが、リールをセットすれば幾分解消されます。シマノのリールであれば、ストラディックやツインパワーなどのコアソリッドシリーズの軽すぎないものが◎

リールの番手は4000XG・C5000XGがおすすめです。

各ルアーの使用感

ここからはネッサBB S108Ⅿ+の各ルアーの使用感をレビューします。

ミノー

使用感が特に素晴らしかったのが、スペック上で中間値付近の25g前後のミノーで、キャスト・リトリーブとも抜群の使用感です。

キャスト時の重量感がバッチリ竿に合っていてキャストフィール抜群。画像のサイレントアサシン129は特に気持ちよく飛んでいき、飛距離もかなり出ます。

リトリーブ時もティップが程良く入り、アクションや潮の効き具合などがしっかり把握できます。

シンペン

シンキングペンシルもミノー同様に使用感◎

30gを超えるシンキングペンシルもかっ飛びます。リトリーブ時もしっかりティップが効いてくれて、潮の当たり具合もうまく把握できます。

ジグヘッド

次にジグヘッドリグ。

画像のような10g以下のジグヘッドに関しては「やれないこともない」といった印象です。

ソルトで多用する「VJ」などは、22gをメインに多用しますが、ウェイトが増えればかなり扱いやすくなります。

ただ巻き、ストップ&ゴーに関しては使用感◎

リフト&フォールは、先重りを多少感じるので若干やりにくさはあるものの、慣れてくれば問題なし。

総じて軽すぎなければ十分に許容範囲です。

メタルジグ

続いてはメタルジグ。

20~40gくらいのメタルジグはキャストは問題なし。

ワンピッチジャークなどに関しては、30gを超えるてくると若干辛い印象です。手首が痛くなってきます。

ブレードジグ

最後にブレードジグ。

ブレードジグは強くシャクッたりしないので使用感◎

ただ巻き、リフト&フォールともにやりやすく、30gを超える重めのブレードジグでも問題なし!

まとめ

今回はシマノのネッサBB S108Ⅿ+をレビューしました!

◎3ピースで携帯性抜群

Kガイド、ハイパワーX、継ぎ目のマーキングあり

◎10.8ftのロングバーサタイルで様々なルアーが使えて飛距離抜群

◎25g前後のミノーの使用感が特に良い

△若干の先重り。解消のため軽すぎないリール推奨

△重たいメタルジグのシャクリはやりにくく、手首が痛くなる

総じて扱いやすいロッドで、サーフの最初の1本にもおすすめできるロッドです。

特にミノーやシンキングペンシル、ジグヘッドなどのリトリーブ主体の釣りには非常に使いやすいロッドでオススメです!

サーフタックルの紹介はコチラ↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次